介護・福祉事業者向け業務管理システム「福祉の森」: 商品情報

文字サイズ
  • 標準
  • 大
  • 最大

印刷用ページを開く

施設介護記録システム EasyCare

タブレット端末を利用し、現場での介護記録の確認・入力を容易にします。

商品イメージ図(拡大画像)別ウィンドウ表示

タブレット端末を利用し、施設内のどこからでもケアの実施状況の確認や入力が可能です。







商品の特長

タブレット端末で現場のサービス結果を登録

タブレット端末を利用して施設内のどこからでも、すぐに介護記録の入力を行うことができますので、記録忘れの防止に有効です。また、介護履歴やケース記録などの実施状況の確認が現場ですぐに行えますのでサービスの実施忘れの防止にも有効です。また、かさばる記録用紙の持ち運び、記録用紙からパソコンへの転記なども低減します。


福祉の森の施設介護記録の携帯端末の画面イメージです。

職員間の情報の共有化を推進

介護記録を同一のデータベース上で一元管理していますので、介護従事者の方々が利用者の情報を共有することができます。従来、担当のスタッフのみが把握していた情報などもシステムに登録することで職員全員で共有することが出来ます。確認の問い合わせ・記録紙の検索などで手間取ることが減少します。また、従来別々に管理されることが多かった介護と看護の記録の共有化を推進し、業務連携の強化につながります。


申し送り時間の短縮に有効

その日の申し送り事項・引継ぎ事項が表示されますので短時間で正確な申し送り・引継ぎが行えます。


記録用紙の準備作業・仕訳保管作業は不要

各種チェックシートや記録用紙のコピー・印刷などの準備が不要となります。また、資料毎に仕訳してファイルに閉じて保管するなどの手間も不要になります。印刷・紙・コピー費用も低減します。


集計用紙・パソコンへの転記・入力の軽減

タブレット端末で入力したデータは集計用紙・パソコンへの転記が不要となり、転記作業の時間と転記ミスが無くなりますので省力化と正確性が向上します。


保管場所の削減

日々の介護チェックシートなどは捨てることが出来ないため、時間が経過するほど保管場所の確保が難しくなってきます。紙として残しておく必要がある資料のみを保管することにより保管場所は少なくなります。


介護サービス実施表を自動作成

介護サービス実施表の自動作成が行え、集計作業時間を削減しますので、利用者に接する時間を増やせます。(ケース記録、日勤・夜勤日誌、ケアチェックシート、栄養管理マネージメント資料など)


ケアチェックシート・ケース記録よりサービス記録を自動集計

日々の入力作業により利用者のサービス記録が自動集計されます。自動印刷も可能です。
 ※例えば通院時に過去1週間の様子を医師に提示する場合などにご利用いただけます。


介護日誌をシステムより出力

日々作成する介護日誌もシステムが作成します。日勤・夜勤を別々に作成することも可能です。


栄養ケアマネジメントの支援

利用者の栄養管理マネジメントのために利用者の月次の食事摂取量を自動集計します。


出力帳票

施設介護記録システムの各種出力帳票の一例です。

福祉の森の施設介護記録の出力帳票のイメージです。



詳しくはお問い合わせください。営業担当が親切・丁寧にご説明いたします。



日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。