介護・福祉事業者向け業務管理システム「福祉の森」: 商品情報

文字サイズ
  • 標準
  • 大
  • 最大

印刷用ページを開く

介護事業分析システム

介護事業者の介護報酬、居住費,食費,その他利用者について介護収入のシミュレーションを行うことができます。また、現状と目標の収入比較により分析結果のグラフ出力を行うことができます。


課題

・介護収入額の現状分析を手間をかけずに行いたい。また、介護収入額のシミュレーションを行い、目標を設定したい。






・収入の増減や傾向がグラフで表示されていれば、わかりやすくて使いやすいと思います。


解決策

・請求システムに登録されているサービス提供の実績データから抽出したデータをもとにサービス種類別に基本サービス、加算サービス、特別療養費、居住費、食費、その他利用料の介護収入額の現状が分かります。さらにサービス利用数、延べ数、年額、稼働率の現状を確認できます。現状のデータを確認して介護収入額のシミュレーションを行い、目標額を設定することができます。

・介護収入分析のグラフを用意しています。Excelに出力しますので、Excelの機能を利用して、さらに加工できます。

商品の特長

介護収入額の現状分析と目標設定により経営をサポート

介護保険のサービス種類別に基本サービス、加算サービス、特別療養費、居住費、食費、その他利用料の介護収入額の現状分析と目標設定を行うことができます。


経営に直結する介護収入額の現状分析が可能

請求システムに登録されているサービス提供の実績データから介護報酬請求内容と利用者請求内容を取り込み、介護収入額の現状把握と分析を行うことができます。


介護収入額のシミュレーションが可能

今後、どのようなサービス提供量を計画したらよいか、サービス利用の延べ数、稼働率から介護報酬の収入見込額を速やかにシミュレーションして、目標額として設定できます。


詳しくはお問い合わせください。営業担当が親切・丁寧にご説明いたします。



日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。