介護・福祉事業者向け業務管理システム「福祉の森」: 商品情報

文字サイズ
  • 標準
  • 大
  • 最大

印刷用ページを開く

訪問介護システム

利用者を指定しても、ヘルパーを指定してもスケジュールを調整することができます。居宅支援経過と連動した対応記録や個別援助計画、業務日誌などの記録業務も充実しています。


課題

・急に派遣スケジュールが変更になることが多いので、シフト表とともに派遣スケジュールはエクセルで管理していました。


・ヘルパーさんの給与計算に時間がかかっていました。

・ケアマネジャーさんとの情報連携をスムーズに行いたい。





・監査資料の作成に時間がかかっていました。



・事業所ごとに請求システムを起動して請求業務、入金管理を行うのが非常に面倒です。


解決策

・ヘルパーさんのシフト管理機能により、空き状況がすばやく検索できるようになり、ヘルパーさんの割り当てが簡単に登録できるようになります。派遣スケジュールの管理が簡単・便利になります。

・従来の簡単な時給計算だけでなく、複雑な給与計算にも柔軟に対応できますので、確認などに取られていた時間を大幅に短縮します。

・サービスの予定・実績のデータ連動は今や当たり前。ケアマネジャーさんが作成した居宅サービス計画書の情報を活用して訪問介護計画書を簡単に作成することができます。また、居宅介護支援経過を参照できるので、日々変更となる利用者さんのニーズ、ケアマネージャーさんの方針をリアルタイムに把握することができます。

・個別援助計画、対応記録票、業務日誌などの監査時に必要な資料をシステム側で準備していますので監査資料を容易に作成できます。

・「福祉の森FUTURE」では請求業務は一元化されます。いままで、事業所単位に複数回請求システ ムを起動していた業務が1回で完結できます。

商品の特長

わかりやすい予定・実績管理

利用者のスケジュール、ヘルパーのスケジュールを1つの画面で確認でき、実績登録も同じ画面でできますので、常に最新の利用者とヘルパーのスケジュールがマッチングしているか確認・把握することができます。


給与計算機能の充実

制度に準拠した単価設定、時給単価、1回につきの単価とサービスごとに設定が可能な柔軟性の高い給与単価マスタを実現しました。


居宅支援事業者や他のサービス事業者との様々な連携

居宅サービス計画書1、2の情報を個別援助計画書に取り込む機能や、居宅介護支援経過と対応記録(サービス事業者用の記録)の情報共有により、最新の情報を連携することが可能です。また、統合請求の標準対応により、複数事業所を経営されている大規模法人様でも事務処理負担が軽減されます。


詳しくはお問い合わせください。営業担当が親切・丁寧にご説明いたします。



日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。