介護・福祉事業者向け業務管理システム「福祉の森」: 福祉の森とは

文字サイズ
  • 標準
  • 大
  • 最大

印刷用ページを開く

導入形態

お客様の運用形態、規模に合わせて導入型、ハウジング型の2種類の提供方法を選択できます。

お客様のご要望・状況をお聞きし、導入型・ハウジング型の内、最適な運用形態をご提案させていただきます。

導入型

導入型はお客様側にサーバ環境を構築して「福祉の森」アプリケーションをご利用頂くサービスであり、その提供形態をLAN型とWAN型に区分します。

LAN型

同一敷地内、または同一建造物内などに限定される範囲内でのネットワーク環境にて構成します。

福祉の森の導入形態。LAN型。


WAN型

本部と複数拠点など地理的に離れた地点をネットワーク接続してシステム構成します。

福祉の森の導入形態。WAN型。


ハウジングサービス型

当社のデータセンタにお客様所有のサーバ機をお預かりします。お預かりしたサーバ機内のシステムにインターネットを介して、常時接続を行うサービスです。
また、ハウジングサービスは当社のデータセンタで管理・運用することによりお客様のシステム管理に伴う手間を軽減し、セキュリティ対策を講じる手間と費用も軽減します。

#

#

福祉の森の導入形態。ハウジング型。




日立システムズは、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、そして保守まで、ITライフサイクルの全領域をカバーした真のワンストップサービスを提供します。